長谷川京子、映画『後妻業』に出演決定!関西弁に初挑戦!

長谷川京子

女優の長谷川京子が、2016年公開の映画後妻業(ごさいぎょう)』に出演することが決定し、本作品で、長谷川自身”初”となる関西弁での演技に挑むことが明らかになった。

『後妻業』は、直木賞作家・黒川博行の受賞後第一作である同名小説を映画化する作品。ストーリーは、妻に先立たれた資産を持つ独身男性を騙して後妻に収まり、多額の金品を貢がせて遺産を手にする”結婚詐欺”を繰り返す“後妻業”を題材に描かれる。この悪女役(小夜子)を主演の大竹しのぶが演じ、小夜子を裏で手引する結婚相談所の男・柏木を豊川悦司が演じる。メガホンをとるのは、『愛の流刑地』『源氏物語 千年の謎』を手がけた、名匠・鶴橋康夫監督。

本作品にて、長谷川が演じるのは、主婦・西木尚子。小夜子に騙されて結婚した現夫・元女子短大教授・中瀬耕造の長女で、中瀬耕造の死後になって、当初から小夜子のことを疑わなかったことを後悔している役柄だ。

4月期TBSドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』で嫁姑関係に苦しみながらも先輩ママとして主人公らを支える演技が好評をよび、SNSなどで幅広い年齢層から支持を受ける長谷川京子だけに、本作品での演技に期待が寄せられる。

また、本作品で、初めて関西弁での演技に挑むことについて、長谷川は下記のようにコメントした。

「関西弁を話す役というのが自分にとって大きな課題となりました。あまり正確なイントネーションを言わなければいけない、という事にとらわれ過ぎないよう、心情を演じることを第一にしていきたいと思っています。
関西弁でのセリフも、「セリフを読んでいる」と感じられないように、練習を重ねて自分のものに仕上げていきたいです。今回、監督にまた呼んで頂けたので、長谷川を選んで良かったと思ってもらえるように、楽しいキャラクターに仕上げていきたいです。」

なお、長谷川が演じる主婦・西木尚子の妹・中瀬朋美役を尾野真千子が務める。『長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~』(13年)ぶりの姉妹役の演技にも注目したい。
ほか、小夜子と柏木を追い詰める探偵を演じる永瀬正敏、小夜子が次のターゲットとして狙う不動産屋の隠居を演じる笑福亭鶴瓶、小夜子の息子・博司役・風間俊介、朋美の父・中瀬耕造役・津川雅彦、柏木の愛人・三好繭美役・水川あさみ、小夜子と柏木の協力者・瀬川英子役・余貴美子、小夜子の被害に遭ったとされる元夫役・森本レオ、六平直政、伊武雅刀等、実力派の役者陣が脇を固めている点にも注目だ。

公開は2016年を予定!

<映画「後妻業」オフィシャルサイト>
http://gosaigyo.com

<長谷川京子 最新情報>
http://www.lespros.co.jp/talent/artists/kyoko_hasegawa/
<長谷川京子 instagram>
https://instagram.com/kyoko.hasegawa.722