『Perfume at SXSW』、「2015 55th ACC CM FESTIVAL」総務大臣賞・ACCグランプリに決定!

Perfume-at-SXSW

全日本シーエム放送連盟による日本最大級の広告賞「2015 55th ACC CM FESTIVAL」のインタラクティブ部門において、“総務大臣賞・ACCグランプリ”を、株式会社アミューズ『Perfume at SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)』が受賞した。

今回受賞した『Perfume at SXSW』は、今年3月にアメリカで開催されたフェスティバル「SXSW 2015」で行ったパフォーマンス。ライブの1曲目「STORY(SXSW-MIX)」は、YouTubeのライブストリーミングを通じて生配信され、中継映像ではPerfume3人が実際にライブをしている様子とCGによるライブハウスがリアルタイムで合成された革新的な映像が流れた。このパフォーマンスは、電通のクリエイティヴディレクター菅野薫がプロデュース、クリエイティヴディレクションを務め、技術面は、Rhizomatiks真鍋大度によって監修されたもので、SNS等を通じて大きな話題になった。

「2015 55th ACC CM FESTIVAL」の受賞結果について

「2015 55th ACC CM FESTIVAL」では、応募期間2015年6月1日(月)~6月30日(火)(一部延長)内で、2,609点(フィルム:1,733点、ラジオCM:587点、ME(マーケティング・エフェクティブネス):69点、インタラクティブ:180点)の作品を応募があり、数多くの作品の中から4部門計5作品をグランプリとして決定した。
本フェスティバルは1961年に創設された、わが国で最も規模が大きく、最も権威のあるCMコンクールとして知られている。各部門の最終全国審査会を9月初旬~中旬に実施し、それぞれの分野で日本を代表する審査員が厳正な審査が行われた。

審査風景-2015-55th-ACC-CM-FESTIVAL

インタラクティブ部門受賞作品について

『Perfume at SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)』の作品制作者の菅野薫は、2012年度の開催(※2)から3回連続グランプリ受賞の偉業を達成した。また、同じく真鍋大度は、2014年度の開催に続き2回連続グランプリ受賞が決定。2014年度のエントリー数が233作品だったことに対し、本年度は180作品と低減したものの、応募作品の完成度が非常に高かったため贈賞数は増加。2014年度は13作品14賞(クラフト賞含む)の結果から、本年度は29作品35賞へ贈賞数が大幅に増加となった。

(※2)2014年度に開催された「2014 54th ACC CM FESTIVAL」及び、インタラクティブ部門の前身である「東京インタラクティブ・アド・アワード(現:一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会)」を含む。

受賞作品をホームページにて公開中!

フィルム部門・ラジオCM部門の総務大臣賞・ACCグランプリ、又ACCゴールド、メダリストの受賞作品、各クラフト賞などは、ACCホームページ内の入賞作品発表ページで9月25日(金)から12月末まで見ることができる。
また、インタラクティブ部門・ME部門は、10月中旬の公開を予定。
※インタラクティブ部門・ME部門作品の詳しい公開日に関しては、追ってホームページ上に掲載される予定。

贈賞式・記念パーティについて

業界関係者様に向けて、総務大臣賞・ACCグランプリをはじめとする入賞作品の贈賞式・記念パーティを開催される。また、入賞作品は東京発表会を足掛かりに全国30ヶ所で上映、公開される。
※参加申込や詳細に関しては、「詳細URL」を参照。

<開催概要>
場所  :ANAインターコンチネンタルホテル東京
東京都港区赤坂1-12-33
アクセス:「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分
日程  :2015年10月28日(水)
時間  :贈賞式/13:30~16:00(予定)
記念パーティ/16:30~17:30(予定)

<東京発表会>
場所  :有楽町・朝日ホール
東京都千代田区有楽町2-5-1
アクセス:JR「有楽町駅」中央口または銀座口スグ
日程  :2015年11月20日(金)
時間  :13:00~

・詳細URL: http://www.acc-cm.or.jp/festival/2015fes/schedule.html

ACCとは
一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(All Japan Radio&Television Commercial Confederation)は、CM関係事業者の共通認識の醸成と表現の質的向上を図りながら、視聴者の視点に立ったCMのあるべき姿を追求し、社会的・文化的貢献を目指して活動している、非営利の社団法人。
ACCは、よいCMの制作と放送の実現に寄与することを目的に設立された公益法人で、広告と放送に関係する広告主・広告会社・制作会社・放送会社の4業種のメンバーで構成され、業種の枠を超えて視聴者の視点、グローバルな視野からCMの発展を推進していく。

「ACC CM FESTIVAL」とは
1961年よりテレビ、ラジオCMを対象にした広告賞として、「ACC CM FESTIVAL」を開催している。2010年には、マーケティング・エフェクティブネス部門、2014年からはインタラクティブ部門も創設された。
名実ともに、日本最大級の広告賞として広く認知されており、ACCグランプリ(総務大臣賞)は広告関係者の大きな目標となっている。

インタラクティブ部門について
ACC CM FESTIVAL インタラクティブ部門は、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)が2003年から2012年まで10年間にわたり開催していた広告賞「東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)」を受け継ぎ、「2014 54th ACC CM FESTIVAL」において新設した部門。インターネット、モバイル、アプリ、デバイス、プログラムなどを使ったすべてのインタラクティブ広告を対象に、広くマーケティングコミュニケーションを評価している。

◎情報提供:一般社団法人 全日本シーエム放送連盟