足立梨花、地元・三重県 新プロモーションムービーに出演!キャッチコピーは「つづきは三重で」!

足立梨花-小椋久美子-チャンカワイ-三重県プロモーション

三重県の新プロモーションが開始され、26日に公開された「三重県PRスペシャルショートムービー」に、三重県出身の足立梨花、お笑いタレント・チャンカワイ、元バドミントン日本代表・小椋久美子が出演している。(足立梨花は長崎県出身だが、三重県で2年間過ごしており、三重県への愛情が強いことから、起用されたようだ。)

三重県 新プロモーション」は、三重県が2016年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催で全世界から注目を浴びることに備え、伊勢神宮をはじめ、自然の美しさやグルメなど、三重県の様々な魅力を広く発信すると共に、住む場所としても三重県が“選ばれる地”となるべく、開始されたもの。

三重県は、地方創生、人口減少対策にチャレンジしており、魅力の発信により一層の認知度向上・イメージアップを目指す。

第1弾は、主に大都市部在住の20代・30代といった若い年齢層を対象に「Uターン・Iターン」を促進することを目的としてスタート。キャッチコピーは、「つづきは三重で」!

つづきは三重で

ターゲットの持つ夢や希望を実現するための解決策が「三重を選ぶ」ことであり、「つづき」のステージは、三重にあることをメッセージとしている。

【第1弾プロモーションムービー公開!】

早速、「三重県 新プロモーション」の一環で「三重県PRスペシャルショートムービー」が誕生!26日に公開された。三重県出身の足立梨花チャンカワイ小椋久美子が出演している。

観たら、三重県に住みたくなるかも!? 妄想UターンWEBショートドラマ『三重Uターンサミット』とは!?ムービーの中で「三重Uターンサミット」が誕生。下記にて視聴可能!

<ムービーのストーリー>
三重県出身の芸能人サークルに集まった、足立 梨花、チャンカワイ、小椋 久美子。伊勢志摩サミット開催など故郷、三重の話題に花が咲く3人。そんな中、小椋のつぶやいた「三重にUターンしようかな…」という一言を発端に3人の三重へのUターンしたい欲望は加速して・・・?!

三重県の女性は、「全国のスタイルがいい女ランキング」1位、三重県の男性は、一番結婚に向いている、など知られざる三重のデータや、松阪牛ヒレステーキ、鈴鹿サーキット、海女さんに伊勢エビといった三重県を代表するものがたくさん詰まった内容になっている。さらに、吉田沙保里と浅尾美和がゲスト出演!?三重県ならではの格好で移住気分を盛り上げる。

なお、第2弾・3弾のPR展開も予定されている。次はどんな展開になるのだろうか?引き続き要チェック!

・三重県プロモーションサイト:http://www.mie30.jp/

line2

【三重県新プロモーション第1弾の出演者プロフィール】

足立 梨花
1992年 長崎県生まれ・三重県三重郡菰野町育ち。
第32回「ホリプロスカウトキャラバン」のグランプリに選ばれデビュー。映画「劇場霊」、ドラマ「ようこそ、わが家へ」、「特捜警察ジャンポリス」レギュラー出演など、映画、ドラマ、CM、バラエティ、声優など幅広く活躍中。

・Twitter:@adacchee
・Blog:http://lineblog.me/adachirika/

チャンカワイ
1980年 三重県名張市出身。
三重県名張市観光大使、みえの国観光大使として活動中。お笑いコンビ「Wエンジン」のボケ担当。2015年1月31日、「愛妻の日」に入籍。多数のTV番組にレギュラー出演する他、映画やドラマ、ミュージックビデオなどにも起用され、人気を博す。

小椋 久美子
1982年 三重県三重郡川越町出身。
バドミントンダブルスプレイヤーとして、北京オリンピック5位入賞、全日本総合バドミントン選手権では5連覇を達成。2010年1月に現役を引退。現在は解説や講演、子どもたちへの指導を中心にバドミントンを通じてスポーツの楽しさを伝える活動を行っている。

◎情報提供:三重県戦略企画部広聴広報課