“NINJYA”すみれ登場!時代劇風活劇のダイナマイトボートレース新CMスタート!

すみれ-NINJYA-ダイナマイトボートレースCM

女優のすみれが出演する“ダイナマイトボートレースシリーズ”(BOAT RACE振興会)の新CMシリーズの第1弾「押しかけ女房」の巻 ~その壱~が、本日12月31日(木)より全国で放映開始される。

3年目を迎える“ダイナマイトボートレースシリーズ”の最新ストーリーで、架空の都市 “水の都・BOEDO”を舞台に、“風紀委員のNINJYA”が、次々と現れるユニークなキャストを改心させ、BOEDOの風紀を守っていく、時代劇風活劇となっている。昨年に引き続き、女優のすみれがメインキャラクターを務める。こだわりの音楽と本格的な演武で、2016年を通じたキーワードである“Change yourself – 己を変えろ”を表現している。

すみれ-NINJYA-ダイナマイトボートレースCM

第1弾のゲストは、すみれとは初共演となる、お笑いコンビ おかずクラブの二人で、BOEDO幕府家老の娘(オカリナさん)と、その家臣の娘(ゆいPさん)という役どころ。イケメン浮世絵師に熱をあげるオカリナさんの一方的な押しかけ女房ぶりは、ゆいPさんの後押しもあって徐々に加熱して・・・。その行きすぎた様子を見かねたNINJYAすみれが、二人を成敗するというストーリーになっている。1月に放送される「押しかけ女房」の巻 ~その壱~は、その前半に当たり、両者の出会いの様子が描かれている。

すみれ-NINJYA-ダイナマイトボートレースCM

line2

【新CM概要】

・CMタイトル: ダイナマイトボートレース「押し掛け女房の巻 ~その壱~」篇(15秒/30秒)
・放送開始日: 2015年12月31日(木)
・放送地域: 全国

CM制作の舞台 “水の都・BOEDO CITY”の設定
2016年新CMシリーズの舞台となる”架空都市 BOEDO CITY“とは・・・!?
舞台は、水の都BOEDO CITY ~ボエドシティ~。
長い混乱の時代を経て、民は品行方正、質素倹約を旨に暮らしていた。

– BOEDO心得 –
一、Be considerate 相手を思いやろう
一、Be on time 時間を守ろう
一、Save water 水を大切に
一、Stop harassment いじめはやめよう
一、Let’s recycle 再利用しよう
一、Beware of fire 火の用心

しかし!平和が続きすぎたのか。
近頃、なにやら不埒な輩がぽつぽつと現れて…
すみれ率いるボートニャーたちは、BOEDOの風紀を守ることができるのか!?
特設サイトURL:
▼PCサイト
https://boatrace-lounge.jp/cm/pc/
▼スマートフォンサイト
https://boatrace-lounge.jp/cm/s/

line2

【CM制作の舞台裏 メイキングエピソード】

すみれ-NINJYA-ダイナマイトボートレースCM

●グローバルな活躍にふさわしいバイリンガルぶりを発揮
今回の見どころの一つでもある「演武」は、カナダ人演出家ブエノ氏が担当。バイリンガルなすみれには、英語で演技指導が行われ、英語の飛び交う現場にスタッフもたじたじ・・・最終的な出来栄えにはブエノ氏も拍手を惜しまなかった。

●ポーズにこだわり!おかずクラブは捕まり上手?!
CM内で、おかずクラブのオカリナさんがお縄にされるシーンでは、おかずクラブの二人がポーズや表情を提案。30テイクも撮り直しをするこだわりで、まわりも驚くような“役者根性”を見せてくれた。オカリナがお縄にされるシーンのポーズと表情にも注目だ。

【BOEDO CITY全図】
ダイナマイトボートレースCM

◎情報提供:BOAT RACE振興会