女優・のん、岩手県・宮城県の街へ!東日本大震災から12年、3月11日に「のんが行く!東北ふれあい旅」放送

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ

東日本大震災から12年を迎える本日3月11日、東北地方に縁のある女優・のんが、東北地方の被災地を訪ね、現地で街の復興に取り組む同世代の女性たちの案内で各地を巡る模様が「旅チャンネル」の特別番組「のんが行く!東北ふれあい旅」が放送される。(全4話シリーズが2話連続で2023年3月11日(土)、18日(土)の午後2時から放送。)

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ

【各話の内容】

#1 岩手 久慈・宮古

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ
かつてドラマの撮影で慣れ親しんだ岩手県・久慈。
東北復興に大きく貢献した三陸鉄道で若手女性運転士が案内人となり、久慈から宮古間の魅力をお伝えします。
三陸鉄道から見える絶景スポットや現地オススメのグルメスポット、そして震災を忘れないように遺構として残されているホテルを訪れます。

#2 岩手 釜石

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ
津波から3000人近い小・中学生が助かった、”釜石の奇跡”と呼ばれる釜石。
釜石の案内役は、のんと同世代で、自身が中学生だった時に被災したシングルマザー。
復興のシンボルとして建てられ、ラグビーワールドカップが開催された釜石鵜住居復興スタジアムに向かいます。そして、仮設店舗から復興したラーメン店店主、津波に流されたが復興させた旅館女将と釜石を支える方達と触れ合います。

#3 宮城 石巻

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ
漁業の街・宮城県石巻。
案内役は、震災ボランティアをきっかけに石巻へ移住してきた女性。
漁師の担い手と親方とを結ぶNPO団体に所属し、街の復興に取り組んでいます。
のんとともにまず訪れたのは、銀鮭の養殖場。餌やりの体験後、魚の鮮度を保つ、神経締めという驚愕の技術に触れます。

#4 宮城 女川

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ
この度の最後にのんが訪れたのは、宮城県女川。
女川で生まれ育った二児のママでもある案内役とまず向かったのは、案内役が震災当時勤務していた病院。
病院から自宅が流されるのを間近に見たという当時の話などを聞きます。
そしていのちの石碑や元女川交番などの震災遺構に触れた後、新しくできた街の中心施設に向かいます。
旅の最後は地元の子供たちとの触れ合いを楽しみます。

女優・のん、岩手県・宮城県の街へ
【のんからのコメント】

「のんが行く!東北ふれあい旅」の番組ロケを通していろんなところを回りました。
自然の脅威は土地の形すらも変えてしまう、凄く大きくて、衝撃的なこと。
訪ねた先で改めて痛感することがありました。失われたものもあるけれど、一方で、新しく生まれたものもありました。

現地で力を尽くして頑張っている皆さん、プロジェクトを立てて頑張っている皆さん。今回の番組ロケを通じて、そんな皆さんと出会い、お話を聞いたり、各地の良いところを案内していただいて、”東北って良いところだな“って、改めて実感が湧きました。


<番組放送情報>
■番組名:「のんが行く!東北ふれあい旅」第1話~第4話(2話連続)
■放送日時:2023年3月11日(土)、18日(土)午後2時分~ *再放送あり
▼番組ページ
https://www.tabichan.jp/travelogue/non_tohoku

◎ACTRESS PRESS編集部

スポンサーリンク