「CMタレント好感度ランキング」発表!

CM総合研究所が「2014年度のCMタレント好感度ランキング」を発表した。以下に女性部門「ベスト10」を掲載する。

「2014年度のCMタレント好感度ランキング」女性部門

1位上戸彩
上戸彩
(ソフトバンクモバイル、アサヒビール、日本通運等、14社)

2位樋口可南子
(ソフトバンクモバイル/SoftBank、2社)

3位広瀬すず
(リクルート「ゼクシィ」、JR東日本「JR SKISKI」、ロッテ「フィッツ」等、9社)

4位柳原可奈子
(KDDI/auのCM等、3社)

5位杉咲花
(KDDI/au、2社)

6位石原さとみ
(サントリースピリッツ、鏡月等、9社)

7位米倉涼子
(全国都道府県及び全指定都市、年末ジャンボ宝くじ等、9社)

8位新垣結衣
(明治・メルティーキッス等、7社)

9位ローラ
(サントリースピリッツ、ジム・ビーム等、15社)

10位有村架純
(KDDI/au等、16社)

女性部門では、3年連続で上戸彩が1位に輝いた。ソフトバンクモバイル、アサヒビール、日本通運など14社ものCMに出演し、圧倒的な存在感を見せた。3位には、リクルート「ゼクシィ」、JR東日本「JR SKISKI」等、9社のCMに出演した広瀬すずが前年の518位から一気にランクアップ。16社のCMに出演した有村架純が10位にランクインした点も注目だ。

特筆すべきは、ソフトバンクモバイルのCMとauのCMに出演した女性タレントが上位を占めている点だ。ソフトバンクモバイルのCMでは、上戸彩をはじめ、「白戸家」の上戸彩の母親役・樋口可南子、母親の高校時代役を演じた広瀬すず。(トップ3を独占。)また、auのCMに出演の柳原加奈子が4位、杉咲花が5位と続いている。

※調査概要
・2014年度のCM展開:1968社(東京キー5局)、総数:男性936人・女性699人
・集計期間:2014年度4月度~2015年3月度の年間累計
・関東1都6県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12ヶ月分をもとに集計

「CMタレント好感度ランキング」発表!」への1件のフィードバック

コメントを残す