石丸幹二・安蘭けい主演!ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』公演詳細発表!

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』(主演:石丸幹二・安蘭けい)

2016年秋、石丸幹二(いしまる かんじ)と安蘭けい(あらん けい)主演で上演される待望のミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』の新たな情報が公開された。

本作の舞台は、1789年のヨーロッパ。王制に対する不満を爆発させた民衆が蜂起し、フランス革命が勃発し、元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続いた時代。嵐が吹き荒れる混乱の中、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったのは、イギリス貴族のパーシー(石丸幹二)。彼は仲間と共に恐怖政治の嵐吹き荒れるパリの街で情熱と勇気をもって、権力に挑む「スカーレット・ピンパーネル」を結成。その活躍ぶりは瞬く間に広まったが、元女優で妻であるマルグリット(安蘭けい)さえも正体を知らず、いつしか夫婦の間に大きな溝が生じていた。フランス政府特命全権大使のショーヴラン(石井一孝)は元恋人であるマルグリットに接近。ある取引をチラつかせながら心のうちを熱く、甘く語りかけ、ピンパーネル団の素性を暴こうと執念を燃やす。愛を疑うパーシー、愛を信じたいと願うマルグリット、愛を利用するショーヴラン。恐怖政治の嵐の中で愛憎が交差し、物語はスリリングな展開をみせてゆく。

さて、今回の注目すべき出演者は、平方元基佐藤隆紀(LE VELVETS)のWキャスト。さらに矢崎広上口耕平など勢いのある役者たちが発表された。

そして今回演出を務めるのが、国際的に賞賛されている演出家・ガブリエル・バリー

【ガブリエル・バリーからのコメント】

彼は今回の演出についてこのように語っている。「既に日本で上演された宝塚歌劇版が馴染み深いでしょうが、今回はブロードウェイ版をベースに、脚本の変更、異なるアプローチを加えます。フランス革命の描写はよりリアルに過激になると同時に、パーシー、マルグリット、ショーヴランの三角関係を、ドラマチックな大人の恋愛模様を中心に描きます。もちろん、冒険、ロマンス、笑劇の要素はそれぞれ掘り下げていきます。更にこの新バージョンの為に、フランク・ワイルドホーンが新曲を書き下ろします。

宝塚歌劇版で歌われ日本でも大変人気の高い「A Peace Of Courage」(宝塚歌劇版タイトル「 ひとかけらの勇気」)は、本来ブロードウェイ版にはないものですが、この新バージョンでも非常に大きな意味を持つ一曲として登場します。私の描く『スカーレット・ピンパーネル』は、きっと、日本のお客様を驚かせることになるでしょう! ご期待下さい!」

この秋の注目ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」をお見逃しなく!

line2

【「スカーレット・ピンパーネル」概要】

<東京公演> 2016年10月19日〜26日(全11回)  赤坂ACTシアター
<大阪公演> 2016年10月30日〜11月7日(全12回)梅田芸術劇場メインホール
<東京凱旋公演> 2016年11月24日〜29日(全9回)東京国際フォーラム ホールC

チケットの一般発売は7月30日(土)より。
お問合せ 梅田芸術劇場 [東京]0570-077-039/[大阪]06-6377-3800
▼Official Website
http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel/

東京・東京凱旋公演主催=TBS、梅田芸術劇場
大阪公演主催=梅田芸術劇場
企画制作=梅田芸術劇場

◎情報提供:株式会社キョードーメディアス