土屋太鳳 主演!映画『PとJK』、ぴあ映画初日満足度ランキング・1位に!

土屋太鳳 主演!映画『PとJK』

“P=POLICE(警察官)”と“JK=女子高生”の恋愛模様を描いた三次マキの人気コミックを、亀梨和也土屋太鳳らで実写化した『PとJK』が、2017年3月24日・25日公開の“ぴあ映画初日満足度ランキング”にて、見事1位を獲得した。

第2位は、やまもり三香の人気コミックを、 永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐らで実写化した『ひるなかの流星』。第3位は、文明社会と隔絶した孤島を舞台に、過酷なサバイバルを繰り広げながらマンガに情熱を燃やす男たちの運命を描いた『まんが島』に決定。

以下に、上位11位までを掲載!

1位『PとJK』92.8点
2位『ひるなかの流星』92.7点
3位『まんが島』90.6点
4位『キングコング:髑髏島の巨神』87.9点
5位『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』87.5点
6位『グッバイエレジー』86.6点
7位『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』81.6点
8位『未来よ こんにちは』81.3点
9位『パッセンジャー』80.8点
10位『サクラダリセット 前篇』80.7点
11位『サラエヴォの銃声』76.2点
(3月25日ぴあ調べ)


【観客からのコメント】
1位『PとJK』92.8点
「ザ恋愛映画で、 ドキドキしっぱなし! 特に観覧車やシャツのシーンでの亀梨さんがヤバくて、 キャーッてなった。
セリフもかっこよくてキュンキュンした。 」(12歳・女性)
「出会って仲良くなって…というふたりの経過が丁寧に描かれていたので真剣に受け取れた。 恋愛の話なので、 カップルで観るのもオススメ」(16歳・男性)
「ガッツリ恋愛を描いた映画かと思ったら、 家族愛もあって、 感動した。 笑える場面もあったし、 愛する人のため、 その人を守るため、
そんな“愛”がつまった作品だった」(31歳・女性)

2位『ひるなかの流星』92.7点
「わたしも恋がしたくなりました! 白濱亜嵐くんの演技が初々しくて可愛かった。 友情あり、 笑いあり、 涙ありで、 こんな恋愛に憧れる」(14歳・女性)
「嫉妬する気持ちは、 男から見ても共感したし、 振られるシーンは切なかった。 心に響くものがある映画で、
三浦さんは自分から見ても大人のカッコよさがあった」(15歳・男性)
「原作を知っているので、 キャストがみんな合っていて大満足。 獅子尾先生は本当にそのまま実写化した感じだった。 ラストシーンは、
どっちにするの~って一番ドキドキした」(16歳・女性)

3位『まんが島』90.6点
「ストーリーはぶっ飛んでいるので、 理解しきれない部分もあるが、 意外と緻密なところもあって、 理屈じゃないおもしろさ!とにかく観てほしい!」(54歳・男性)
「景色の美しさと、 素敵な音楽が印象的。 何かしら創っている人が観ると、 良い刺激を受けそう。 好き嫌いが分かれるタイプの作品だと思うが、
観て損はないと思う」(33歳・女性)
「自分も漫画を書いているので興味を持った。 彼らに向かってくるピンチは現実味があり、 引き込まれた。
自分と重なっていく部分があっておもしろかった」(50歳・男性)

<ぴあ映画初日満足度調査とは>
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。

▼ぴあ映画初日満足度ランキング
 http://cinema.pia.co.jp/ranking/

◎情報提供:ぴあ株式会社