平手友梨奈、HYBEに移籍!新レーベル「NAECO(ネイコ)」の1人目のアーティストとしてグローバルな活動を目指す!

平手友梨奈

女優の平手友梨奈(ひらて ゆりな/21)が、BTS、&TEAM、Justin BieberやAriana Grandeなど世界で活躍するアーティストが所属する芸能事務所「HYBE」に移籍したことが本日2022年12月21日、発表された。日本本社「HYBE JAPAN」の新法人・新レーベル「NAECO(ネイコ)」に所属し、女優やソロアーティストとして、グローバルな活動を目指す。

今回の新法人・レーベルの設立においては、BTSをはじめとする韓国発のグローバルアーティストを生み出してきたHYBEのノウハウとシステムを十分に活用し、平手友梨奈をはじめ、日本を超えて世界の舞台でより挑戦的なキャリアを望むアーティストのためのグローバル企業・レーベルとなることを目指していく。

平手友梨奈

平手友梨奈(C)NAECO

【平手友梨奈からのコメント】

この度HYBEの新レーベル「NAECO」(ネイコ)に所属となりました。
より良い作品を届けられるよう、いろんなクリエイターの皆様とディスカッションをしながら一つ一つ取り組んでいけたらと思っています。
よろしくお願いします。


「NAECO」は、アーティスト企画・トレーニング・マネジメント全般を担う所属事務所としての機能と、完成度の高いコンテンツ制作を担うレーベル機能の両方を兼ね備え、幅広いグローバルインフラで世界市場への進出を支援。

「NAECO」という名前は、大きな海を意味する”OCEAN”の綴りを逆に配列して作られている。打ち続ける波によって水の流れがひっくり返る様子と、継続的に自己変革を追求していくレーベルとしての事業方向性、アーティストの姿勢を重ね合わせて表現されており、また、大きな海のようなグローバル市場を開拓するという意志も込められている。

「NAECO」の記念すべき一人目の所属アーティストである平手友梨奈は、これまでグループおよびソロとしての音楽活動歴を持つ、唯一無二の存在感を放つアーティスト。俳優としても異彩を放ち、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめとした数々の賞を受賞するなど目覚ましい活躍を見せています。今回、HYBE傘下の「NAECO」に移籍することで、その活躍は日本を超えて、グローバルなステージへと拡がることとなる。また今回の移籍に伴い、より幅広いファンとのコミュニケーションを展開するために、2023年初旬にグローバル・ファンダムライフ・プラットフォームである『Weverse』に公式コミュニティをオープンする予定。
2023年より新しい航海へ進む、平手友梨奈と「NAECO」に期待が高まる。

平手 友梨奈・PROFILE

2001年 6月25日生まれ
2016年 欅坂46でデビュー
2018年 映画『響-HIBIKI- 』に初主演し、日本アカデミー賞新人俳優賞、日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞受賞
2020年 ソロ活動開始
2022年 テレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』の麻宮葵役を演じ、彼女が着用するファッションが話題となる
2022年 HYBE JAPANが設立した新法人ならびに新レーベル「NAECO」(ネイコ) 移籍を発表

◎ACTRESS PRESS編集部

スポンサーリンク