カテゴリー別アーカイブ: Award

『第3回 カバーガール大賞』発表!大賞は高畑充希!乃木坂・西野七瀬、スパガ・浅川梨奈等が初タイトル!

カバーガール大賞・雑誌表紙

3月4日『雑誌の日』を記念して『第3回 カバーガール大賞』が発表された。『カバーガール大賞』とは、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数が多かった女性を選定し(※1)、第3回カバーガール大賞・各部門賞の受賞者として表彰する。本年からは、雑誌の表紙を飾った1000人以上の女性タレントについて、一部ディープランニングを利用した顔の識別を行い集計している。

3回目となる今回は、2016年(1月~12月31日)に発売された雑誌・電子雑誌のなかから、大賞の他、エンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代~30代の各年代でトップを飾った方々の他に、読者やファン、メディアを“ざわつかせた”表紙とカバーガールの方を讃えて、カバーガール大賞実行委員会が選ぶ【話題賞】が新設された。

『第3回 カバーガール大賞』の各受賞者を下記にて紹介!

【カバーガール大賞】 高畑充希

2016年、最も雑誌の表紙を飾ったのは高畑充希
高畑充希・2016年、最も雑誌の表紙を飾ったの

大賞および20代部門を制したのは、昨年NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で大ブレイクをした高畑充希だった。2014年・2015年と大賞に輝いた石原さとみや、昨年2位の有村架純を抑えて大賞受賞だ。

高畑充希は、『週刊少年マガジン』(講談社)から『婦人公論』(中央公論新社)まで、年代に関係なく各ジャンルの雑誌の表紙に幅広く登場。視聴率だけでなく表紙を飾った回数もハイスコアとなり、まさに2016年の“顔”だった。

<各部門別受賞者>

【エンタメ部門】 西野七瀬(乃木坂46)

西野七瀬・乃木坂46・雑誌表紙

総合4位と大躍進。乃木坂46の一番人気は西野七瀬。乃木坂46は、ファイナリストのなかに白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥が登場。混戦模様だったが、総合4位【エンタメ部門】で見事NO.1を勝ち取った西野七瀬がトップとなった。

西野七瀬は、乃木坂46メンバーとして表紙を飾る他に『non-no』(集英社)の専属モデルとしても活躍。コスメ・ファッション誌、エンタメ誌のカバーガールを単体で幅広く務め、初のトップ5入りとなった。

3月22日(水)に発売される乃木坂46 の17thシングル「インフルエンサー」では、白石麻衣とWセンターを務める。また、映画化された『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の漫画「あさひなぐ」では、ヒロインの東島旭を演じることが決定しており、2017年も歌に演技にと目が離せない存在だ。

グループとしては、乃木坂46がアイドルグループの頂点になったことも目立った。AKB帝国だったカバーガール大賞。その牙城を崩して姉妹グループの乃木坂46が大躍進し、トップ10には白石麻衣と西野七瀬がランクイン。さらに、同じく姉妹グループの欅坂46の平手友梨奈も7位に登場と、AKB姉妹グループの活躍が目立った1年となった。

【コミック部門】 浅川梨奈(SUPER☆GIRLS)

浅川梨奈・SUPER☆GIRLS

新星現る!SUPER☆GIRLSの浅川梨奈。『第3回のカバーガール大賞』、一番のサプライズがSUPER☆GIRLSの浅川梨奈だった。【コミック部門賞】はAKB系姉妹グループの誰かで決まり?というのが実行委員会の下馬評だったが、並み居る強豪を抑えて見事受賞となった。

浅川梨奈は、2015年8月24日発売の『週刊ヤングマガジン』(講談社)で、ヤンマガ史上初、初登場で表紙と巻頭&巻末グラビアを飾ったことが話題になり、その“1000年に一度の童顔巨乳”が可愛すぎる!と評判に。 2016年のコミック誌には“なぁぽん”旋風が吹き荒れた。

【ファッション部門】 石原さとみ

石原さとみさん人気は健在
石原さとみ・雑誌表紙

V3は達成ならなかったものの石原さとみ人気は健在だった。総合では3位、【ファッション部門】で堂々の入賞だ。雑誌『美的』(小学館)の読者が選ぶ「美的ベストビューティーウーマン」に2年連続で選ばれるなど、もはやカバーガールとして殿堂入りレベルの存在感だ。

【グラビア部門】 石川恋<・h3>
2016年の最強グラドルは石川恋さん
石川恋

グループ系アイドルが多くの表紙を飾る中、見事、9位に入賞した石川恋。ウィークリー誌や青年コミック誌を中心にカバーガールを務めた。 2016年はドラマ『ラヴソング』(フジテレビ)や、映画『SCOOP!』(東宝)に。現在はドラマ『東京タラレバ娘』(日テレ)にレギュラー出演するなどモデルだけでなく「女優」としても活躍中だ。

【話題賞】 週刊プレイボーイ(43号)/ 二階堂ふみ

週刊プレイボーイ
話題賞は、50周年を迎えた週刊プレイボーイ(集英社)。創刊50周年企画の第2弾『週刊プレイボーイ』43号のぶち抜き36ページで掲載された “二階堂バニー”こと二階堂ふみの企画と、表紙に決定した。

二階堂ふみが自ら用意したバニーガールの衣装で撮影。また世界旅行中の二階堂さんの撮り下ろしショットも掲載されるなど、まるごと一冊二階堂ふみという、大胆かつレアな企画に。

また、続く44号では、『1976年、海の向こうから訪れた衝撃、アグネス・ラム奇跡の未公開写真発掘!』としアグネス・ラムの未公開グラビアが40年ぶりに登場。元祖、グラビアアイドルとして今なお愛されるアグネス・ラムが表紙を飾った。

SNSでは、新宿駅地下通路に登場した約30メートルにおよぶ『週刊プレイボーイ』の記事をピックアップした「駅貼り週プレ展」や、『週刊プレイボーイ』で活躍するアイドル10人の等身大カットが並ぶ「週プレ アイドルステーション」が。また山手線渋谷駅ホームなど都内21ヵ所で“二階堂バニー”のビルボードが展開され、大きな話題となった。

<年代別受賞者>

【10代部門】 広瀬すず

広瀬すず
V2達成!10代では敵無しの広瀬すず。【10代部門】は2年続けて広瀬すずが受賞。20代以上をターゲットとした雑誌が多いなか10代で総合6位と大健闘。『ちはやふる-上の句-』(東宝)で優秀主演女優賞を。『怒り』(東宝)で優秀助演女優賞と日本アカデミー賞でW受賞を果たすなど、着実に女優としてのキャリアを積む広瀬。2017年には、どのような新しい一面をみせてくれるのか楽しみだ。

【20代部門】 高畑充希

【30代部門】 綾瀬はるか

綾瀬はるか
大人女子から少年まで。幅広くカバーする綾瀬はるか。映画にドラマにCMにと大人気の綾瀬はるかだが、カバーガールとしてもさすがの安定感。総合8位で【30代部門】は綾瀬はるかが受賞となった。綾瀬はるかの魅力は、なんといっても『InRed(インレッド)』(宝島社)から『週刊少年マガジン』(講談社)まで、世代を軽く飛び越えてカバーを飾ることができるナチュラル感。その屈託のない笑顔に癒された読者も数多くいたのではないだろうか。

<トップ10>

1位 高畑充希 
2位 有村架純 
3位 石原さとみ 
4位 西野七瀬(乃木坂46)  
5位 桐谷美玲 
6位 広瀬すず 
7位 平手友梨奈(欅坂46) 
8位 綾瀬はるか  
9位 石川恋  
10位 白石麻衣(乃木坂46)  

(※1)複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計されている。また、2016年の7月1日~12月31日の間に誕生日を迎えられた方は、年齢を繰り下げて集計。

▼大賞の高畑充希他、各賞受賞者の方々のコメントは、『カバーガール大賞 特設サイト』にて掲載されている。
http://magazinesummit.jp/covergirl/

カバーガール大賞実行委員会
【参加企業・団体】
一般社団法人日本雑誌協会
株式会社富士山マガジンサービス
マガジンサミット(運営企業:株式会社エイゼップ)
103R株式会社(技術協力)

◎情報提供:株式会社エイゼップ

「FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017」結果発表!グランプリは、遠野愛!【全受賞者掲載】

FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017

2017年2月28日(火)、東京・日本武道館にてて、新感覚のロックフェス『NEO ROCK FES supported by「an」』が初めて開催され、フェス内にて“日本一かわいい新入生”を決める「FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017」(フレッシュ キャンパス コンテスト)の結果が発表された。全国の大学1年生を対象としたミスコンテストで、ファイナリスト20名の中からグランプリ、準グランプリ、各賞を発表。

遠野愛(とおの・あい)

青山学院大学・文学部英米文学科の遠野愛(19)が見事グランプリに輝いた。

遠野愛(とおの・あい)

【遠野愛からの受賞に関するコメント】

「約半年間とコンテストの道のりが長く、途中くじけそうになった時もありましたが、頑張って本当に良かったです。留学中のフィリピンでデング熱にかかり高熱が出た時も、Twitterで応援してくれた人たちがいて、頑張り抜くことができま
した。」

【「FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017」受賞者】

「FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017」受賞者
※写真左から:桝井香奈、川村まり、伊藤真莉、小倉可愛、遠野愛、木戸玲奈、入澤優、高橋芽生

遠野愛(とおの・あい)
<グランプリ>
遠野愛(とおの あい/19)
青山学院大学・文学部英米文学科

小倉可愛・木戸玲奈
<準グランプリ>
小倉可愛(おぐら えの/19)
慶應義塾大学 文学部人文社会学科
木戸玲奈(きど れな/19)
東洋英和女学院大学 国際社会学部国際社会学科

桝井香奈・川村まり・伊藤真莉
<審査員特別賞>
桝井香奈
関西大学 法学部法学政治学科
川村まり
甲南大学 文学部日本語日本文学科
伊藤真莉
東京大学 教養学部文科三類

<モデルプレス賞>
入澤優
日本歯科大学生命歯学部

<シーチャンネル賞>
高橋芽生
早稲田大学

※PHOTO: ©飯岡拓也

◎情報提供:TANK

エマ・ストーン、ティファニーを纏い「第89回アカデミー賞」に登場!

エマ・ストーン、ティファニー・アカデミー賞
主演女優賞を受賞したエマ・ストーン

2017年2月26日(現地時間)、カリフォルニア州ロサンゼルスにて開催された「第89回アカデミー賞」にて、主演女優賞を受賞したEmily Jean “Emma” Stone(エマ・ストーン)が、ティファニーを身に着けて第89回アカデミー賞授賞式に登場した。

エマ・ストーンは、ティファニーが誇る最高峰のジュエリーコレクション「ブルー ブック コレクション2017」のジュエリーを纏い登場。18Kイエローゴールドにダイヤモンドをあしらったエレガントな輝きが印象的なピアスに、3カラットを超えるファンシービビッド イエローダイヤモンドが中央にセットされたリングを組み合わせた洗練されたルックでレッドカーペットを華やかに彩った。

◎情報提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク

欅坂46、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞!AKB48は7年連続シングル・オブ・ザ・イヤー!【日本ゴールドディスク大賞 発表】

欅坂46

2月27日(月)、一般社団法人日本レコード協会から「第31回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストを発表され、欅坂46が「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)を受賞した。

「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は、対象期間中(2016年1月1日~12月31日)にデビューしたアーティストのうち、CD等(※1)の売上合計が最も多いアーティストに贈られる賞。欅坂46は、2016年4月6日リリースの「サイレントマジョリティー」 が大ヒットを記録し、見事受賞となった。

※1: CD・音楽ビデオ等の実質的売上実績と有料音楽配信の売上実績


【欅坂46 菅井友香、守屋茜からの受賞コメント】

この度は、ベスト5ニューアーティスト、ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞させていただき、本当にありがとうございます。
このような賞を受賞させていただき、本当に嬉しいです。
2017年も欅坂46チーム一丸となって、精一杯頑張ってまいりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いします。

▼欅坂46 『サイレントマジョリティー』のMVは、こちら♪

5,000万回近くもの再生がされていることも、人気の高さを実証している。

なお、今夜2月27日オンエアの「欅って、書けない?」(テレビ東京系)にて、欅坂46が4月5日にリリースする4thシングルの選抜発表が発表された。平手友梨奈が4作連続で今作でもセンターに選ばれた。今作の選抜メンバーは21名で、前列7名、中列7名、後列7名。1列目は、平手友梨奈のほか、長沢菜々香、上村莉菜、長濱ねる、菅井友香、織田奈那、米谷奈々未。
そして、2列目は、鈴本美愉、今泉佑唯、渡辺梨加、守屋茜、渡邉理佐、小林由依、志田愛佳。
3列目は、土生瑞穂、石森虹花、尾関梨香、原田葵、齋藤冬優花、小池美波、佐藤詩織。

【シングル・オブ・ザ・イヤーは、AKB48「翼はいらない」が受賞!】


そして、今年の「シングル・オブ・ザ・イヤー」は、AKB48の『翼はいらない』が獲得した。AKB48は、今年は「シングル・オブ・ザ・イヤー」と共に『君はメロディー』『翼はいらない』『ハイテンション』『LOVE TRIP/しあわせを分けなさい』で「ベスト5シングル」を受賞し、5冠を達成した。また、AKB48は「シングル・オブ・ザ・イヤー」で第25回から7年連続受賞となっている。

【センター:向井地美音からの受賞コメント】

「初めてセンターを務めさせて頂いたので、私自身、とても思い入れのある曲です。またAKB48 として初のフォーク調のこの曲が、幅広い年代の方に聴いていただけたことを、とても嬉しく思っています。」


【AKB48 グループ総監督:横山由依からの受賞コメント】

「いつも応援してくださっている皆さまのおかげで、7年連続でシングル・オブ・ザ・イヤーをいただけることになりました。本当にありがとうございます。これからもどうぞAKB48をよろしくお願いします。」


なお、今回の受賞作品・アーティストは、60 作品・アーティストとなり、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、嵐が3年連続5度目の受賞、洋楽部門は、アリアナ・グランデが初の受賞となった。また、「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBIGBANG が初受賞した。

▼詳細は。「日本ゴールドディスク大賞」WEBSITEにて♪
http://www.golddisc.jp/

◎情報提供:一般社団法人日本レコード協会

大須みづほ、ロサンゼルスの映画賞にて主演女優賞!SHORT FILM『私とわたし』作品賞を含む4部門を受賞!

大須みづほ・SHORT FILM『私とわたし』

2017年2月9日(木)、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されている短編映画の国際賞「L.A. ShortsAwards」の審査結果が発表され、SHORT FILM『私とわたし』(英題:“I&Myself”)が以下の4部門で受賞した。

<受賞部門>
・優秀作品賞(Best Short Film,Diamond Award)
・最優秀主演女優賞・大須みづほ(Best Actor,Diamond Award)
・最優秀メイクアップ賞・西藤恭子(Best Makeup)
・優秀監督賞・佃尚能(Best Director,Bronze Award)

SHORT FILM『私とわたし』は、SONYが主催するPROFESSIONAL MOVIE AWARD(応募総数259本)でファイナリスト(11本)に選出された短編映画(2分)。今回受賞したのは、同作を映画祭出品用に再編集した5分版。

◆『私とわたし』は、期間限定でYouTubeにて公開中♪ (2分版)

監督を務めたのは、大河ドラマ『真田丸』のオープニング映像を手がけ、映画『鼻歌』が第69回カンヌ国際映画祭上映作品に選出された佃尚能。1人8役を見事に演じた主演の大須みづほは、4月から放送の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演が決定している女優。

大須みづほ

SHORT FILM『私とわたし』は、4月上旬に都内で開催される映画イベントで国内初公開予定。引き続き、国内外の映画祭に出品が予定されている。

大須みづほ

なお、劇中でミュージシャン・MIZUHOに扮する大須みづほが歌う主題歌「明日の行方」(作詞・作曲:長屋貴之、佃尚能)は、iTunes、Google Play Music、music.jp、レコチョク他から2月22日(水)にオンラインリリースが決定した。

【SHORT FILM『私とわたし』概要】

大須みづほ・SHORT FILM『私とわたし』

主演     :大須みづほ(8役)
監督・脚本  :佃尚能
プロデューサー:松家健
照明     :松村志郎
音楽     :長屋貴之
撮影     :黒石信淵
ヘアメイク  :西藤恭子

<あらすじ>
毎日失敗続きで落ち込んでいる主人公・みづほ(大須みづほ)は、ある夜、見知らぬ女性に呼び止められる。それはもう1人の自分・瑞穂だった。瑞穂に誘われて、夜の街に繰り出すみづほは、様々な自分との出会いを通じて自身を再発見していく。

▼Official Website
https://www.watawata-movie.com
(※画像・文章 転載可)

▼L.A. Shorts Awards発表
http://www.lashortsawards.com/winners.html

Copyright 2001-2017 SOCIALWIRE CO.,LTD. All rights reserved.

◎情報提供: SHORT FILM『私とわたし』制作委員会